ブンチョ日誌

気まぐれな文鳥と飼い主の日誌。文鳥との会話を楽しんで書いています。


昨日はたくさんのコメント
ありがとうございました。


このブログは母が毎日楽しみにしていて
頂いたコメントも全て読んでいるので

ママイをたくさんの方に知って頂けたこと
応援して頂けたこと
最後にこんなに温かい言葉をたくさん頂けたこと

とても感謝をしていました。

私も、 皆さんからのコメントで
母が心強く励まされているだろうと思うと
本当に本当に、ありがたかったです。


ママイをここで紹介することが出来て
良かった。


今すごくそう思っています。




ちなみに…


「なんかコメントがあたたかくて泣ける…(TдT)」

と言いながら読んでいた娘、
ふと気づくと

「モカが死んだら…どうしよう。生きていけないかも…」

とモカを握りしめて
泣き崩れるの、


やめて頂けませんかね(;゚д゚)
(まだ生きてるから!泣くな!)


私はどちらかというと
ラムを残される方が悩みだわ…



1




2



腹立つほどに警戒心が強く
逃げるは逃げるは…

特に私の手には拒否反応がすごいです。



この先輩を
見習ってはくれないだろうか…



3




4




5




6




7



確かにモカは最初から
警戒心のケの字もなかった。

同じような子が来るとは
思わないけれど…

だからって何もここまで
警戒心の塊みたいな性格じゃなくても

いいじゃないかー(;▽;)




(ノω・。)くすん




…ただ、少しだけ希望が持てるのは



8



娘の手には乗ること。

娘の、ラムの扱いが
なにげに上手いこと。


どうか人間に慣れるよう
娘に頑張ってもらいたいです。
(切実)





気の長い穏やかな娘に
CIMG0390
(ランキングに参加中。ポチッと応援して頂けると嬉しいです。)

CIMG2613
全てを託す母。
(つまり娘に丸投げしたわけです)





今日は2度目の記事になりますが
残念なご報告です。


本日、朝、
ママイが虹の橋を渡りました。

19歳。
来月には20歳を迎えるところでした。



こちらでもお知らせしていましたが
具合を悪くしてから
奇跡の復活を何度も繰り返して来ました。

全ては母の愛情だったと。


よく頑張ったと思います。
ママイも、母も。



1
 


ってママイ絶対言ってると思う。



私は母の方が心配です。
気落ちし過ぎないといいけど…



2



そうだったね。
ラムはママイに会えなかったね。


・・・


あ(;゚д゚)いやいや、
絶対会わせられなかったわ。
(ママイに危害を加えそうで…)



3



うん、そうだね!
私もそう思います。





image1



皆様、ママイへの応援
ありがとうございました。





CIMG0390
(ランキングに参加中。ポチッと応援して頂けると嬉しいです。)

CIMG2613







ラムに追いかけ回されていたモカが
見当たらなくなったので



(」゚ロ゚)」モカぁ~



1
 


(・_・)ん?



2




3




4




5




6



∑(゚Д゚;)



7



(;゚д゚)



8



(・∀・;)



9



セーーーフ…(´∀`;)





多分本当に
CIMG0390
(ランキングに参加中。ポチッと応援して頂けると嬉しいです。)

CIMG2613
ラムはモカに気づかなかったと思う。