ブンチョ日誌

気まぐれな文鳥と飼い主の日誌。文鳥との会話を楽しんで書いています。


ブンチョ日誌


昨日から、バードバスの下の止まり木が定位置になりつつあるモカ。

ふ~~~ん。

なんでだろう?

いつも左上の止まり木に居たのにね。


娘がピアノしている間、私は暇なので、モカを出す。


おいでやす~。



ブンチョ日誌


いいよ。



ブンチョ日誌


モカはね、もちろん人間になついているけど。

誰よりも娘が大好きです。




さっきも娘がゆ~っくりコタツの周りを歩いて回ると、モカはピョンピョンと跳びながらついて回る。

何周してもずっと、ちゅんちゅん鳴きながらピョコピョコとついて回る。


どんだけ娘が好きなんだろうか。

カモの親子みたい。



ブンチョ日誌


そうだね。



ブンチョ日誌


うん、そうだね‥。

ほんと、足でも手でも体でも、ずーっと娘にひっついてるよね。



そんな娘はモカを特別ものすごく可愛がっているわけではない。

むしろ自分の遊びを優先しながら、ただそばにいるモカに注意を払ってるぐらい。


(モカはあまり飛べないので低い位置に居ることが多く、出ている時は絶対に走らない、モカの位置を常に確認する、と言い含めてあります)


練習が終わったら、また娘に遊んでもらいなよー。

 


出ておいでー。



ブンチョ日誌


いそいそと降りてきた。



ブンチョ日誌


すごいねー。

顔の半分がクチバシだねー。

まるで凶器だよ(笑)



ブンチョ日誌


イタタタ‥。って、一応甘噛みだからそんなに痛くはないです。

それよりそのプリッとしたお尻が好きですよ。


1歳を目前にして、初の換羽期に入り始めたモカさんです。

最近、そんな換羽期のせいかイライラして、すぐ怒るようになってしまいました。

沸点が低くなってるなぁ。


ブンチョにしては、とても穏やかで、ほとんど怒らない子なんだけど。

でもまだまだだよ。

もっともっと、ボロボロになってくるはずだから。

早く換羽が終わるといいんだけどね。




せっかくブログを始めるならとカメラを出して来てモカに迫ってみたら、必死で逃げられた。


モカは今まで飼った中で初めて差し餌が終わった若鳥状態で我が家に来た子。

その時すでにショップで風切り羽を切られていて、今もまだあまり高い場所や長い距離を飛べません。

換羽期が来て、生え替わったらきっと飛べるはず。

(でも多少は飛べます。ただ、カーテンレールのような高い場所には行けない)


なので基本は床をチョンチョンと跳ぶ。


「モカ~。撮るよぉ~」


と、床に這いつくばって迫ったら、チョンチョン跳んで逃げる。


迫る。 逃げる。 迫る。 逃げる。


結局うまく撮れませんでした。

で、モカが行った場所はキッチンのカウンター。



ブンチョ日誌


‥‥‥ダメです。


だって、こないだカゴを替えて、中も色々変えて、水浴び用のを入れたんだもん。

そこでして欲しいんだもん。


もう少し、粘ってみたい飼い主なんです。



はいはい。もう夜も遅いし、写真も撮ったし、中に入ってね。



ブンチョ日誌


入り口に連れて行ったら、勢いつきすぎたのか、足を滑らせていたモカでした。


↑このページのトップヘ