委員会があったとかで


遅くに帰って来た娘が








モカと楽しそうに戯れているところへ








どさくさに紛れて


撫でる私








(;゚д゚) たたいてないし。





そんなモカさんへ

プレゼント。



はい。








あなたの抜けた羽








あ、いらなかったですか。






握られたまま


頭を出している姿が可笑しかったので


ほっぺに指をペタッとつけたら













撫でていないのに


気持ち良さそうでした。






人気ブログランキングへ       にほんブログ村へ

握り文鳥一丁