ラーちゃん、ちょっとごめんね。



1



しぃっ!! 静かに!



2



近くにモカが来ているので

ラムの存在を隠してみました。



3



4



野生の勘が働いている様子のモカ。



なかなかこちらに来られないので

娘がモカを連れて
私の手の上に乗せました。



5



いらっしゃい、モカ。



6



まさか下にラムがいるとは知らず、

いつもモカは私のところへ来ると
すぐに撫でてもらえるので

あれ~?って顔で見上げるモカ。



( ̄▽ ̄;)えーっとぉ…

撫でてあげたいんだけどね…



7



そろそろ限界のラムが

ゴソゴソ動き出し…





私の手をこじ開け


バッ!!(顔を出して)



8



バレました(-д-;)




で、慌ててモカは
CIMG2613
 ランキングに参加中。ポチッと応援ありがとうございます

CIMG0390
娘の方へ…(´・ω・`)残念。


。.:*・゜. ゚+。懐かしの日誌。.:*・゜. ゚+。

↓↓ 娘の隙間を探すモカが可愛いのです


↓↓ ラムの適当レポート