ブンチョ日誌

気まぐれな文鳥と飼い主の日誌。文鳥との会話を楽しんで書いています。

タグ:コミュニケーション


リビングにいると
どうしても雛も同じ空間にいるので

娘が部屋に
モカを連れて行きました。


数日ぶりのひとりっこを味わう
モカさん。


ヽ(´▽`)モッたん~



1

 


2
 


 はい、左足であくしゅ♪



3
 


右足であくしゅ♪



4
 


両足であーくしゅ♪



5
 


少しすると…



6
 


というので


じゃあこっちにおいで、と
きゅうっとモカを握りました。


・・・はい、カウント開始(-m-)ノ



s-CIMG6874
 




s-CIMG6877
 


(*>з<)ぷっ




この単純さがたまりません。
CIMG0390
(ランキングに参加中。ポチッと応援して頂けると嬉しいです。)

CIMG2613
モカは癒し系じゃなくて脱力系だな(-m-)





1
 



2
 


眠りから
ふと目が覚めると



3
 



4
 



5
 



6
 



7
 



8
 


(´・ω・`)あー・・・


モッたん、
寂しいから行かないでよ。



9
 


ね、おいでヾ(・ω・`)



s-CIMG3379



そして戻ってくると



s-CIMG3459
 


一番上の写真に戻る。





以下、繰り返し。
CIMG0390
(ランキングに参加中。ポチッと応援して頂けると嬉しいです。)

CIMG2613
文鳥のこういうところが好きです。




 


モカが娘を待っています。



1



練習中はモカ入室禁止なので

遊び弾きの時だけ
連れて入るのですが



2
 


モカももう慣れっこで



3
 


 手の上に乗っかって



4
 


うまくバランスを取ります。



5



娘は加減しつつ弾いていますが
これがなかなかどうしてモカも上手い(笑)



6



たまに勢い余って落ちてしまうと



7

 

弾く手を止めることなく娘が拾い上げ



8
 


見事な連係プレー。



9
 


ここまで慣れると
揺れている中でも羽づくろいなどを始め

最後にはまさかの



10
 


寝ようとしている図。




 動いているので熟睡は出来ないけれど
CIMG0390
(ランキングに参加中。ポチッと応援して頂けると嬉しいです。)

CIMG2613
寝ようとするその根性がすごい。





放鳥中、
座椅子に座ったままモカを放っていると



1



いつの間にか真横に来ています。



2
 


気づいてもらうのを待つ文鳥。



3
 


(*>з<)プッ


わかった、わかった。はい。



4



指を差し出すと



5



喜んで乗ってきて



6
 


∑(・∀・)えっ いいの!?








というわけで、



7
 


こうなる。


近くで見ると



8
 


こうなる。


更に少し時間が経つと



9
 


こうなるわけだ(笑)




最近のモカさんは
CIMG0390
(ランキングに参加中。ポチッと応援して頂けると嬉しいです。)

CIMG2613
抱っこされたくて仕方がないようです。




 


1




2

 

今日は仕事が休みだったので

ケージから出るなり
私のところへ直行するモカです。



じゃあ
クチバシパックンして遊ぼうか。



3
 



4

 

ちゃんと挟まれるのを待って
挟まれる瞬間にクチバシを差し出します。




こんな感じで

娘がいなくて私と二人っきりだと
甘え方を心得ているモカです。


文鳥も歳を重ねると
どんどんずるくなるんですね(笑)



ねぇ、モカさん。



5
 



6
 


 

(*´ω`*)え~?





s-CIMG2190
 



・・・(´・ω・`)え~…?





 
文鳥も歳を重ねると
CIMG0390
(ランキングに参加中。ポチッと応援して頂けると嬉しいです。)

CIMG2613
このように飼い主を
手の上(手の中)で転がせるようになるんですね。