ついさっきのことですが


放鳥中のモカが

口をもごもごさせていました。






様子がおかしい。。






ちょっとモカさん、


お口見せてごらん。





つかまえてみると


上のクチバシの中の内側部分に

細い横長の物が


ぴったりクチバシの幅と同じ長さで

挟まっていました。








焦ったのはこっちですぞ。





爪楊枝を持って来て

先を少しだけ曲げて。



でもクチバシをこじ開けて

爪楊枝を近付けると





ガブッ!!





と爪楊枝を囓ってしまう。





(=ω=;;)





モカさん・・


それじゃ取れないんですけどっ








だんだん涙目になっていくモカ。



と、(@_@;)嫌な汗をかく私。






少し時間がかかりましたが


何とか無事

取り除くことが出来ました。




昔、先代の白文鳥がよく

ボレーコを上クチバシの中に


挟まらせていたなぁ・・





モカは初めてでした。





冷静にやらなきゃとは思うけれど

やっぱり焦りますね(´∀`;)

 
 

 

  
  

 

さっきまで元気なくしていたくせに


詰め物が取れた途端

これですよ。






人気ブログランキングへ       にほんブログ村へ

詰まっていたことも取ってもらったことも

あっという間に忘れるの。